Googleウェブマスターツールにサイトを登録する:アクセスアップ術

トップアクセスアップ術Googleウェブマスターツールにサイトを登録する

Googleウェブマスターツールにサイトを登録する

Google ウェブマスターツール

Google のインデックスに登録する」では1ページづつしか登録ができません。制作したページ全てを漏れなく検索エンジンに登録されるには、Google ウェブマスターツール を使ってサイトを登録する必要があります。

Google ウェブマスターツールは、全てのページを送信するだけでなく、サイトの問題点を診断したり、アクセスアップに繋がるヒントを沢山得ることができます。

Google のアカウントを取得して、Google ウェブマスターツールにログインしましょう。

サイトを登録する

「サイトを追加」をクリックしてサイトのURLを入力します。その際「https://」は必要ありません。

追加したサイトの所有者が本当に登録しているのかを確認する為の作業に入ります。「メタタグをサイトのホームページに追加」か「HTMLファイルをサーバーにアップロード」が簡単かと思います。

「メタタグをサイトのホームページに追加」を選択すると「手順」にmetaタグのソースが表示されるので、サイトのトップページの<head>タグ内にコピーペーストして、サーバーにアップし「確認」をクリックします。

「HTMLファイルをサーバーにアップロード」を選択した場合は手順にHTMLファイルのダウンロードの指示があるので、ダウンロードしてサイトのトップページと同じ階層にアップロードして「確認」をクリックします。

これでひとまず、サイトがGoogle ウェブマスターツールに登録されました。

サイトマップを作成する

サイトマップとは、作成したサイトの全てのページのリンクを1ページにまとめたファイルです。

Google ウェブマスターツール が受け付けるサイトマップファイルを自力で作成するのは大変ですし非常に手間なので、自動生成をしてくれるサイトを利用しましょう。

XML Sitemaps Generator

このサイトにホームーページのトップのURLを記入し、クリックするだけで自動でサイトマップファイルが生成されます。(ちなみに生成できるのは最大500ページまでとなっています。)

トップページのURLを入れましょう。他の部分は一切いじる必要はありません。最後の「start」ボタンをクリックして生成されるのをしばし待ちましょう。

完了するとこのような画面になるので、「Download un-compressed XML Sitemap」以下の「sitemap.xml」をクリックしてダウンロードしましょう。

このファイルをサーバーのトップページと同じ階層にアップします。

サイトマップファイルをGoogle ウェブマスターツールに登録する

Google ウェブマスターツール の管理画面にログインしてください。

登録したサイトを選択し、ダッシュボード画面に移動します。サイトマップという項目の「詳細」をクリックして「サイトマップを送信する」をクリックすると上記のようになるので、先ほど作成したサイトマップ「sitemap.xml」を入力すれば完了です。

サイトを運営し続けてページが増えていった場合には、再度「XML Sitemaps Generator」にアクセスし、サイトマップを作成しサーバーにアップしなおす必要があります。

これでGoogle の検索エンジンがサイトをクロールしやすくなります。

必ず御覧ください